世界初、大阪国際空港内にワイン醸造所・ワインバルを開業。

~年間生産本数わずか約12,000本の小さな小さな「空飛ぶ葡萄のワイナリー」~

メイン画像

2018年4月18日(水)大阪国際空港(伊丹空港)内に、
新たにワイン醸造所「大阪エアポートワイナリー」と、
醸造風景を眺めながらお食事とできたてのワインを楽しむ
南イタリア料理を主体としたワインバルをオープンいたします。

ワインをもっと気軽に、ワイン醸造をもっと身近に、
ワインを通じて日本各地の生産者と消費者を結ぶ、
空港が経由地ではなく目的地になる新たな楽しみ方をご提案いたします。

WINERY

世界でただひとつの空港内ワイン醸造所。

山梨、山形、北海道など、日本全国の契約農家様から選りすぐりの葡萄を運び、地域の特色あふれる様々なワインを醸します。
醸造責任者は醸造歴20年以上の照屋 賀弘、実直に丁寧にワインを造ります。
醸造タンクはたった5つ。
年間に造れるワインの量はわずか12,000本です。
そんな小さなワイナリーだからこそ、オリジナルワイン造りや醸造体験といった「モノ造り」だけではない「コト創り」を提案でき、醸造風景を身近に全て見て体験していただけます。
空港という場所が日本や世界各地の人を繋ぐように、私たちも日本各地の葡萄生産者とワインを通じて消費者を結ぶ、空港が経由地ではなく目的地になる新たな楽しみ方を提案できるワイナリーを目指します。

画像

大阪エアポートワイナリー醸造責任者
照屋 賀弘

画像

※イメージ写真

画像

併設のワインバルメニュー例

  • 「淡路島のトマトを使ったとびっきりのトマトソースパスタ」
  • 「明石生たこのカルパッチョ」
  • 「サルディーニャ伝統パーネ・フラッタウ」
  • 「瀬戸内レモンを使った丸鶏のローストレモンチキン」
  • 「サルディーニャ産のカラスミパスタ」etc. 

ワイン醸造風景を眺めながらワインを楽しむ

大阪国際空港(伊丹空港)リニューアルに伴い、新しくひとつに集結された到着口に降り立ち見上げると、3階にはガラス越しにワインの醸造タンクが並び、併設のワインバルでは醸造風景を眺めながら実際にその場で醸造したワインをお楽しみいただけます。
生ビールのようにタップから注がれるワインは全8種類。大阪エアポートワインの出来立てのワインはもちろんのこと、日本各地の選りすぐりのワイナリーからシーズン毎にワインをお届けいたします。
その他、100種類を超えるソムリエ厳選のヨーロッパ主体のワインもボトルでご用意。
料理は気取らない、でもきちんと「テマヒマ」かけた飾らない無骨な南イタリア料理を、大阪国際空港から半径50マイル内の地産地消の食材をメインにイタリアから空輸した食材とマリアージュしご提供いたします

画像

画像

ガラス越しに醸造タンクが並び、ワイン醸造風景を眺めながら、その場でできたワインを楽しめます。
ここでしか飲めないワインと、ここでしか買えないワイン、空港限定販売のオリジナルワイン等、年間生産本数が少ない分、
足を運んでいただいた方だけにお楽しみいただけるワインをご用意いたします。

ACCESS

大阪国際空港(伊丹空港)内中央3階エリア
大阪府豊中市蛍池西町3丁目555番

「大阪エアポートワイナリー」

  • 営業時間:11:00~23:00
  • 年中無休

同社運営ワイナリー「深川ワイナリー東京」

www.fukagawine.tokyo

系列各店共通メルマガ登録はこちら→

メルマガ会員様だけにお得な情報をお届けいたします。

施工:有限会社 真栄田工務店 〒547-0043 大阪市平野区平野東4-2-37

設計:吉本設計株式会社 〒273-0039 千葉県船橋市印内1-9-2-503

※醸造免許申請中